掌蹠膿疱症のお悩みは!ズルムケ番長のQ&A【原因・禁止事項編】

掌蹠膿疱症のお悩みは!ズルムケ番長のQ&A【原因・禁止事項編】どうも、ズルムケ番長ですm(_ _)m

今回は、読者さんから頂いた
掌蹠膿疱症の悩みについて
Q&A方式で答えていきたい

と思います。

今回は、掌蹠膿疱症の原因・禁止事項についてのお悩み編です。

掌蹠膿疱症の悩み①原因は何ですか?

原因は何でしょう?
掌蹠膿疱症が発症する原因として
いろいろと言われていますが、
実際のところ何が原因だと思いますか?
悩みすぎて眠れません

 

ズルムケ番長的な考えとしては
掌蹠膿疱症の原因についてはいろいろと言われています。
・金属アレルギー
・扁桃腺病巣
・ストレス
・ビオチン欠乏
など

確かに、どれも可能性はあると思います。
ですが、僕はビオチン治療により
掌蹠膿疱症の症状が改善したので
ビオチン欠乏が原因だと考えています。

また、結局のところ体の免疫系統が上手く作用していないことが
問題なんだと思います。

 

掌蹠膿疱症の悩み②タバコについて

 

タバコはダメ?
掌蹠膿疱症患者はタバコは禁煙すべきだと聞いたのですが本当でしょうか?

 

喫煙については!
タバコは絶対にダメです!
ニコチンの処理に体内のビオチンが消費されてしまうため、
せっかくビオチン治療をしても無駄になってしまいます。

また、ビオチン治療をしていないにしても、
ビオチンが多少なりとも掌蹠膿疱症の発病に関わっていると考えられることから
掌蹠膿疱症を完治させるためには禁煙はするべきだと思います。
それに体にも悪いですしね(笑)

 

掌蹠膿疱症の悩み③卵はダメ?

 

卵はダメ?
掌蹠膿疱症患者は卵を食べたらダメだと聞いたのですが
本当でしょうか?
もし、本当なら成分表をみて卵は避けないといけないのですか?

 

卵については!
半分正解で、半分間違いです。

卵といっても、生の卵です。
そして、食べることを禁止されているのは
生卵白
です。つまり生の白身の部分です。

なので、パンや麺の成分に卵が入っていても
白身が入っていたとしても火が通っていれば
食べても大丈夫と言われています。

また、医師によっては
キムチ・納豆などの発酵食品も食べないほうが良い
と言われることがありますが、
掌蹠膿疱症の専門医である前橋医師が禁止していたのは
生卵白だけで、キムチなどについては食べても良いとしていました。

ただ、僕の経験上
発酵食品を大量に食べたりした翌日は
よく掌蹠膿疱症が発症した経験があるので
僕は、できるだけ食べないようにしています。

これについては、多分大丈夫だとは思いますが(;・∀・)

 

掌蹠膿疱症の悩み④運動について

 

運動はダメ?
サイトなどを見ていると、
運動は控えたほうが良いと書いてあることもありましたが、
どうでしょうか?

 

運動については!
前橋医師が言われていたのは、
掌蹠膿疱症性骨関節炎の症状がひどい時
には、
運動は控えるように言われています。

なので、手のひらにブツブツ(膿疱)や皮がめくれているだけなら
運動は可能です。

ただし、僕の経験から言うと、
ランニングなどをすると、足と靴下や靴との摩擦が起こり
また、汗をかくことによって
足の裏の皮が捲れやすくなったりします。
なので、症状がひどい時は、控えておいたほうが良いと思います。

ということで、今回は
掌蹠膿疱症の悩みをQ&A方式で紹介してみました。

また、いろんな質問があれば、
紹介してシェアしていきたいと思います(´∀`)

最強のビオチン治療法

ズルムケ番長の
掌蹠膿疱症がほぼ完治した
      最強の治療法

         クリニックと同じ成果があるビオチン治療法とは

『読むだけで治る』 掌蹠膿疱症の基礎講座【無料】

諦められているかもしれませんが・・・

実は・・・

掌蹠膿疱症の症状は改善することができます

どうやれば改善するのか?その方法は掌蹠膿疱症基礎講座で!

4件のコメント

  • ふみこ

    ビオチン三点セットを、飲み始めて今日で一か月めです。本当にきれいな手になってきて人前に出せる手がうれしい毎日になってきています。ぼろぼろと皮がほとんどむけて、きれいになりました。実は3,4日前夜中に無性に手の甲がかゆくなり、目が覚めとびおきました。そのとき、夜の三回目の薬を飲み忘れていたことに気が付きました。すぐに飲んで寝ましたが、まだまだ、ビオチンに助けられていることを、思い知らされた日でした。番長さんいつもていねいに質問に答えてくださってありがとうございます。
    自分の体で体験したことを、お話して少しでも皆さんの参考になれば、と思っています。

    • zurumuke

      いつもコメントありがとうございます。

      きっと、ふみこさんのコメントを見て、勇気づけられている方もおられると思います。
      そして、ふみこさん自身の症状も良くなっていくことを(*゚▽゚*)

  • lemon

    私もみなさんと同じように辛い日々を過ごしてきました。こんな剥け剥けでボロボロの手のひら。永遠に続くのかと悲惨な両方の手のひらを見つめながら涙が勝手に出てきて止まりませんでした。発症は8年前くらいかなぁ〜。(過去過ぎて曖昧です)
    まず手にポツポツ水ぶくれ。
    はじけると皮がひたすら剥けるのでつき並みに皮膚科を受診。
    掌蹠膿疱症と言われ、すぐに歯科に行くように言われ東京歯科大学病院でアレルギーパッチテストをし、耳鼻科で扁桃腺を取るかどうか相談し、泣きっ面に蜂。事故で骨折した。その際MRI撮影時胸骨炎がたまたまた見つかり、リュウマチ科を勧められ掌蹠膿疱症の専門家を紹介され受診。曖昧な説明で薬がでた。なんの薬かわからず放置。骨折のリハビリを終えても尚、胸骨&鎖骨痛。あれから1年半が過ぎやっと胸骨&鎖骨痛から開放されて来ました。
    寝返りが打てるしくしゃみもできるようになって、右手もあがるようになった。窓拭きを数年ぶりにやって気持ちもピカピカ!!
    ビオチンを知ったのはごく最近ですがとても改善されていると感じます
    Amazonでビオチン5000とローズヒップ&ミヤリサンの3点購入。今も飲み続けています。 病院で処方される抗生物質はよく効きます。でも飲むとてきめんに皮が剥けるので、風邪や怪我をしないように心がけています。規則正しい生活バランスの取れた食事、喫煙はしない、ストレス溜めない。自分の身体は自分で守らなきゃ!
    ボロボロの手のひらを見ながら死にたくなったときもある手袋靴下生活がうっとうしいときもある誰にもこの気持ちは誰にも言えない事です。
    そして、ぶり返しぶり返し慢性症状。
    発症から完治まで5年はかかると何かで読んだことがあります。それを過ぎても完治していませんが
    症状がおさまっている今はネイルを楽しんでいます。
    気長にビオチン療法を続けます。みなさんも、少しでも症状が良くなることをお祈りしています。

  • yuwyuw

    初めてお便りします。私は、発症してから8年が過ぎました。はじめは、足の指に水泡ができたのが始まりでした。とても痛くて、歩行するのもおろか、靴下を履くのも注意しないと痛くて、痛くて…少ししたら両手にも同様な症状が出始めました。痛みも同じです。買い物に行くとこの手を見られることと、嫌がられるのでは、という思いでとても辛かったことを思い出します。沢山の病院を回りましたが、全く良くなりませんでした。酷いところは、水虫扱いされ塗り薬を出される皮膚科もありました。そうこうしているうちに、骨関節炎(骨盤)の痛みも出現し、激痛で起き上がることも、歩くことも出来なくなった為、前橋先生のことを知りました。でも、私は九州に住んでいてとても遠くに感じ、行きたくても行けないジレンマを感じながら半ば諦めてもいました。そんな時、大阪の岩橋クリニックを知り思い切って受診しました。初めて診察室に通された時は、先生が辛かったね。と言ってくれた一言に涙が出そうになりました。さっそくピオチンの服用を始め確かに酷い時からすると随分良くはなりましたが、改善までには至らずずっとくすぷっているといった状況です。
    最近、五年ぶりくらいにあの関節炎が再燃しまして、激痛で苦しんでいました。
    症状があまり変わらなかったので一年ぐらい前からビオチンを中断していたのがいけなかったのだと後悔しています。 又、頑張って服用しようと思います。いつまで、続くのか…と辛くなるときもありますが、辛いのは、私一人ではないこと思い、頑張ります。
    又、私のように手、足のブツブツができる時に痛みを伴うといった人はあまり耳にしませんが、皆さんは、痛みはないのですか?
    痛みだけではなく、痛みとかゆみが同時にある場合もあります。
    皆さんも、早く良くなるように、治療を諦めないでくださいね。

コメントを残す